中古車査定書

中古車査定書とは?

みなさんは中古車査定書というものをご存知でしょうか。
これはどんな時に必要になるものかと言いますと、車を誰かにあげるときや、自己破産するときなどに色々なこと目的で車の価値を実数にするときにどうしても必要になるものなのです。それだけではありません。
業者が車を買い取るときや、ディーラーが下取りをするときなどにもこの中古車査定書はどうして必要項目になってきます。どのように値段が決まっていくのかと言いますと、査定する車と決められた車の状況と比べてみてその車の価格を決めているわけです。

 

そして、その価格を基軸にして、車の状況、カラー、走行距離、対応年数などのマイナス査定を絡めて中古車の価格を算出していきます。しかしながら自動車査定帆にはこのマイナス査定に該当する項目が既に記載されています。
したがってどれぐらいの費用が書かるのかなんとなく消費者がわかってしまうわけです。ですからマイナス査定になる分の修理費用は業者にとって知られたくないものだというのが本音なので大半の業者は消費者にそれを見せることはないでしょう。